Cerca

港区内のマンションの価格(推定もあります)です



森ビル 虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー

平均坪単価 1500万

100m2 4 億 5000 万円(来年1月引渡か?)


東急 ブランズ愛宕虎ノ門 分譲中 50年の普通借地権

坪単価 550万前後

100m2 1億5000 万円前後


森ビル 虎ノ門麻布台再開発計画(建築中)

坪単価 2000 万~3000 万円

100m2 6億円から9億円


三井 東洋英和 30m手前 パークコート?鳥居坂

平均坪単価 1500 万

100m2 4億5000 万円 (建築中)


当地区 三田小山町西地区


内装等完成後の三井等の引取金額(仕入れ値)

坪 450 万円


販売価格不明ですが

5 年後で仮に平均坪単価 1000万円 で分譲で

差額坪 550万で専有面積 22896 坪(定款に記載)の権利があり



ナント三井レジ等 1259 億円のボロ儲け



三井不動産 昨年度の最終利益 1295億円

この区域の再開発のみで 1年間の利益がまかなえるオイシイ仕事


権利者には安い土地評価(坪350万)

泣いてる一方で、三井には商道徳というものがないのか?



商道徳にも適正な利益がある。



普通 1 割から 2 割の利益が適正である。

戸田建設・三井 は当初から準備組合を誘導してきた経緯がある。


再開発のわからない高齢者・住民を誘導した

オレオレサギなら警察に捕まるが、〇〇〇な地元役員が加担しているようでは、

どうしようもない!


坪1000万で売ろうが本質は坪450万の安っぽい区分所有

同じ坪単価1000万円でも最初から坪1000万で売ることを考えた建物と

(設計、基礎工事の内容、コンクリートの品質、水回りの設備、共用部の配管が交換)

たまたま坪単価450万で造れたが需要が味方して利益ばかり膨らんだ上げ底

坪1000万の建物とは本質的に違う

浸水地域でありながら重要な電気設備は地下

例えば当該建物は 電気設備等がまだ地下1階に用意されている

港区のハザードマップでは浸水地域である

失礼ながら武蔵小杉の件は記憶に新しい

建物間隔が最短6mのコロナ・エアゾル物件

狭い敷地内に雑居マンション棟が密集している。

最も近いところで最短6mの距離である

コロナのエアゾルは6mぐらい飛ぶようなことを新聞で見た

ただ部屋数を多く作っただけで部屋がお見合いするとか全く考えていない

C棟の下には墓地

C棟の下には墓地が見える。

組合は嫌悪施設と定義していない。

再開発だからと思うが不動産契約上は嫌悪施設である。

非常時の設備がおそまつ君

例えば最近のマンションには停電のリスクを回避するためにいろんな仕組みがある

3回線スポットネットワーク受電方式

中圧ガスによる発電

重油による3日間の発電(これはあり)

これからはこの3点セットが常識になると思われるが発電機だけである

Post recenti

Mostra tutti

[更新]分譲価格を予想してみる

令和3年6月15日現在 再開発区域の隣の パークコート麻布十番 全売却物件 1億9500万 26.12坪 14階 @746万 1億4800万 18.47坪 22階 @801万 6310万  9.12坪 10階 @691万 1億9900万 25.96坪  6階 @766万 1億円     12.81坪 27階 @780万 平均691万~801万 平均坪単価 756万円 分譲時の 平均坪単価 458万

[更新]最近の説明会で(令和 3 年 6 月 20 日)

再開発組合資料より 再開発組合資料より スケジュール期間 延長になりました。 南街区は 令和 10 年度初に竣工・入居(約 1 年遅延) 北街区は 令和 10 年末に竣工・令和 11 年から入居(約 2 年遅延) 組合は土壌汚染調査、埋蔵文化財調査等の理由とありますが、B 棟を大幅に設計変更して いますので三井の強い要求が働いたと思います。 権利変換 直前に設計変更は聞いたことがない。 おそらく軟

[更新]組合の定める増床を考える

再開発組合の資料より 表で増床は可能ですが、権利床価格でなく、三井等が買う高い価格で買えと言う。 もっとも土地の評価 坪約 350 万を市場価格の 2 分の 1 とか.3 分の 1 に 評価していながら三井と同じ価格で買えはおかしい。 建築費は坪 150 万程度でマンション床を分譲したら坪1000万弱、 その土地価格がわずか坪 350万円が高いか安いかは 子供でも分かる。 地権者の協力あっての再開