Cerca

建物の良し悪しは建築物より地盤に左右されます。いくら素晴らしい建物でも地盤が弱ければ将来に不動沈下等を起こし建て替えが必要になります。


私の家は超高層 Ǎ 棟(地上163m)の中心部よりざっと30m以内の距離が ありますが約12年前に建築しました。その際スーウェデン式サウンデイング 試験法ですが敷地内5か所で地盤調査されました。ビルと住宅では地盤の調査 方法が若干違いますが N 値は換算できます。



結論から言いますと 深さ9mまでは 最悪の粘土層です。 軟弱地盤で地盤沈下や地震時に液状化のしやすい地盤であります。悪く言えば {お豆腐}のような状況でしょうか?

9m を超えますと礫質土が見られま すが10mまでしか計測していませんので、それ以降はわかりません。 深さ10mでも N 値は20未満です。

超高層の場合 N 値は60以上必要と 聞きます。地下杭は最高でも15mから20m が強度の限界と聞きます。

そのうち9m が粘土のお豆腐状態で 残りの最大10m で巨大地震の時に地上 163m の重量建物を支えることが可能なんでしょうか?

超高層の中心まで約30mまで離れていますが地盤の構成は大きく変わらない と思います。

まあ ria は何でもありの世界ですから「深さ 10m 以上の強度は N 値が高く何の 心配いりませんよ」と言うのに決まっていますがね。または「最新の地盤改良 方法がありますので心配いりません」でしょうか?

地盤改良方法にも大地震にあっていないので机上の数値で実績には乏しいし、 ゼネコンは工事代金もらったら終わりで後のことは全く関係ない。

朝日新聞デジタル2012年2月3日より 東日本大震災では全国の高層ビルが長周期地震動で大きく揺れた。大阪府の咲 州(さきしま)庁舎(55階 250m)は、10分揺れ、上層階では3m の 横揺れがあった。壁や天井など360か所が壊れ、エレベーターのロープが絡 まった。東京の新宿センタービル(54階 223m)は13分揺れ、最上階 では1m の横揺れがあった。


以下に私の土地(超高層 Ǎ 棟の中心部より約30mぐらいか?)の調査結果を 載せます。写真2枚目には地盤会社の土地評価もあります。















Post recenti

Mostra tutti

[更新]分譲価格を予想してみる

令和3年6月15日現在 再開発区域の隣の パークコート麻布十番 全売却物件 1億9500万 26.12坪 14階 @746万 1億4800万 18.47坪 22階 @801万 6310万  9.12坪 10階 @691万 1億9900万 25.96坪  6階 @766万 1億円     12.81坪 27階 @780万 平均691万~801万 平均坪単価 756万円 分譲時の 平均坪単価 458万

[更新]最近の説明会で(令和 3 年 6 月 20 日)

再開発組合資料より 再開発組合資料より スケジュール期間 延長になりました。 南街区は 令和 10 年度初に竣工・入居(約 1 年遅延) 北街区は 令和 10 年末に竣工・令和 11 年から入居(約 2 年遅延) 組合は土壌汚染調査、埋蔵文化財調査等の理由とありますが、B 棟を大幅に設計変更して いますので三井の強い要求が働いたと思います。 権利変換 直前に設計変更は聞いたことがない。 おそらく軟

[更新]組合の定める増床を考える

再開発組合の資料より 表で増床は可能ですが、権利床価格でなく、三井等が買う高い価格で買えと言う。 もっとも土地の評価 坪約 350 万を市場価格の 2 分の 1 とか.3 分の 1 に 評価していながら三井と同じ価格で買えはおかしい。 建築費は坪 150 万程度でマンション床を分譲したら坪1000万弱、 その土地価格がわずか坪 350万円が高いか安いかは 子供でも分かる。 地権者の協力あっての再開